“挟山”の読み方と例文
読み方割合
きょうざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「降雲奪取光明術。きわめて易い初期の術じゃ——お婆それではお前に訊くが、挟山飛天とはどんな術じゃ?」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)