“指拳”の読み方と例文
読み方割合
ナンコ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蛇皮線を愉しむだけの余裕すら失つた彼らは、唯二人三人相寄つて、ひそかに指拳を遊んだと言ふ。今も一つ話に伝へてゐる。
沖縄を憶ふ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)