“指南間”の読み方と例文
読み方割合
しなんま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
指南間ともいえるであろう、まず床には狩野派の清洒細軸江月書額螺鈿彫の千鳥棚、隅には琉球朱の机、中ほどには華やかな鍋島絨毯が敷かれてあって
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)