“指南者”の読み方と例文
読み方割合
しなんしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸じゅうの槍術指南者やその門人たちが真っ先に眼をつけられたが、その方面では取り留めた手がかりもなかった。
半七捕物帳:18 槍突き (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)