“持田”の読み方と例文
読み方割合
もちだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二度目にこの男といましたのは、それから三日後のことでありまして、名古屋お城下は水主町、尾張様御用の船大工の棟梁持田という苗字を許されている八郎右衛門というお方の台所口で。
怪しの者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)