“持律戒行”の読み方と例文
読み方割合
じりつかいぎょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今や自分は、この自力難行道のを捨てただけに飽き足らないで、さらに、すべての僧人が鉄則としている持律戒行のすべての古いを蹴破ろうと決意しているのだ。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
余の儀ではございませぬが、上人はもとより、持律戒行清浄身におわすし、また、八十有余の御弟子たちも、みな、おごそかにを守っている浄行の御出家のみと存じますが。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)