“抱車”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かかえぐるま66.7%
くるま33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抱車”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
若先生も典型的な温雅の紳士で、いつも優長な黒紋付姿を抱車かかえぐるまの上に横たえていた。
追憶の医師達 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
疑獄事件で収監される時まで幾年間、麹町こうじまちの屋敷から抱車かかえぐるまで通勤したその当時、毎日目にした銀座通と、震災後も日に日に変って行く今日の光景とを比較すると、ただ夢のようだというより外はない。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
アハハ広海さんなぞは華族でいらっしゃるから毎日この位なスープを召上ってもいいのですね」子爵「イヤどう致して。我輩なぞは料理屋料理を最上等と心得ていた位ですから」中川が談話を受取り「しかし広海さん、お見受申せば貴老あなたのお屋敷には立派な黒塗の抱車くるまがあって車夫も一人いる御様子です。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
PR