“手漉:てすき” の例文
“手漉:てすき”を含む作品の著者(上位)作品数
柳宗悦1
“手漉:てすき”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸16.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
手漉てすきわざは農村の家庭に行き渡っていて、これが土佐紙の手堅い基礎をなしていると思われます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
しかし土佐といえば、誰も産物として手漉てすきの和紙を挙げるでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)