“徴塵”の読み方と例文
読み方割合
みぢん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寧ろ其の方が自分の愚かしい心持を徴塵みぢんに粉砕してくれさうでいさぎよいとも思つた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)