“御題:ぎょだい” の例文
“御題:ぎょだい”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
石井研堂1
“御題:ぎょだい”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
或は新年の御題ぎょだいを、所謂いわゆるヌーボー流に描き、五遍七遍の色版を重ねて、金朱絢爛たるも有り。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
「いや、今日からは、人にもさような誤解あやまりは、とくとたしなめてやらねばなりませぬ。いなか者の目の狭さ。愚衲も恥じ入ったことにござりまする。では、おん大将より御題ぎょだいなと賜わって」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)