“御相伝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごそうでん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御相伝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「さるに、そのわれらへ、御相伝ごそうでんの兵学を講じられたり、若人わこうどよあだに生命いのちを過ごすななどと、常々鼓舞してやまぬお師のお心の底を、今さら宮方か否かなどと、事あらためて、問いただしてみるまでもあるまい」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)