“御申越”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おもうしこし50.0%
おんもうしこ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御申越”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『ほととぎす』の事委細御申越おもうしこし承知致候。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
御申越おんもうしこし以来一度も書面を出さなかったのは、富岡老人に一条を話すべき機会おりが無かったからである。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)