“御山内”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごさんない100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御山内”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一、柳生対馬、別所信濃両奉行登晃とこう御宮おみや御修覆につき、御山内ごさんない御普請小屋ごふしんごやを設け、ただちに火消しに関するお触れ書を出す。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)