“御不在”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おるす50.0%
ごふざい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御不在”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あらツ」と、お花は驚き顔「ぢや先生は御不在おるすなんですね——まア——何時いつ御帰宅おかへりになるんですの」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「大使閣下かっかは、御不在ごふざいです。そしてわが大使館には、あなたのような名前の参事官はいません。御返事は、これだけです」
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)