“布令書”の読み方と例文
読み方割合
ふれがき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治五年の二月には松本を所在地とする新しい県庁からの申し渡し、ならびに布令書なるものが、早くもこの谷中へ伝達されるようになった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
筆を執って、藩札六換えの布令書の文案をめ、それを岡島八十右衛門の手へわたして
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
布令書を見合って、配下の役人たちは眉をひそめた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)