“巋然”の読み方と例文
読み方割合
きぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りて場を出づれば、月光く照して一塵動かず、古の劇場の石壁石柱は巋然として、今のれ小屋のあなたに存じ、廣大なる黒影を地上に印せり。
その時余は大概四十何人の席末を汚すのが例であったのに、先生は巋然として常に二三番をらなかったところをもって見ると、頭脳は余よりも三十五六枚明晰に相違ない。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
竟に巋然として宇宙の根柢より来たれるを確めたり。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)