“尾張守”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おわりのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“尾張守”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
尾張守おわりのかみ平頼盛たいらのよりもり家人けにん弥兵衛宗清は、小侍十数名をつれて、京都へ上る途中であった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宗清は、徒歩かちであるき出した。彼の主人、尾張守おわりのかみ頼盛よりもりのやしきは、遠からぬ所にあった。頼盛は地方官として、常に尾張に在国している。——でほとんどそこは、空屋敷のていであった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)