“小島烏水”の読み方と例文
読み方割合
こじまうすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然れども当時この種の投書雑誌には小島烏水子の『文庫』、田口掬汀氏の『新声』その勢力盛なるあり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
小島烏水氏は甲斐白峰を世に紹介した率先者である。
白峰の麓 (新字新仮名) / 大下藤次郎(著)
明治四十一年に帰朝した当時浮世絵を鑑賞する人はなお稀であった。小島烏水氏はたしか米国におられたので、日本では宮武外骨氏を以てこの道の先知者となすべきであろう。
正宗谷崎両氏の批評に答う (新字新仮名) / 永井荷風(著)