“宵明”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よひあか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宵明”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吉三郎はギヨツと立止りました。お濱や八五郎に別れて、柳原河岸やなぎはらがし宵明よひあかりを、自分の家の方へ急いで居たのです。
世間が物騷と言つても、まだ宵のうち、外へ出て何彼と用事をしてゐたお袖が、何やら變な聲を出したやうに思つて、父親が飛んで出ると、下駄の材料を入れた物置の前、まだ宵明よひあかりの中に死んでゐたのださうです。