“宍道湖”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんじこ75.0%
しんぢこ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宍道湖”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「陽気も陽気だし、それに、山に包まれているんじゃない、その市場のすぐ見通しが、大きな湖だよ、あの、有名な宍道湖しんじこさ。」
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
始めて大橋おおはしの上に立って、宍道湖しんじこの天にむらがっている雲の峰を眺めた時、二人の心には云い合せたように、悲壮な感激が催された。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
大阪を出る時の旅の豫定では、三朝から米子よなごに向ひ境の港に出、あれから宍道湖しんぢこを船で渡つて松江に着くつもりであつた。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)