“孤子也”の読み方と例文
読み方割合
みなしごなり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孤子也とてしみき食物の有ば常に殘し置てはしなどしける此日師匠の用事にて來りけるから冬の事にて婆は圍爐裡りゐけるが寶澤の來るを見て有あふ菓子などを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)