“姪女”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てつぢよ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“姪女”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「北条妻は私が姪女てつぢよ也。ことさらの鈍物、御世話奉察候。初め東行仕候時、(去々年也)心に落着いたさずつらき事、何ごとも必辞安先生に申上よと申遣候。いかが候や覧。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
先づ茶山をして心を労せしむるのは姪女てつぢよきやうの病であつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)