“女奴隷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めどれい50.0%
おんなどれい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女の眠っていた女奴隷の情火は、逆に、男をがせて男の精を喰べ尽さねば止まぬ淫婦の本然を狂い咲きに開かせてきたすがたである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや女の白い皮膚とか眸など、はるか西域を越えて買われて来た白色人系らしい女奴隷の血がはっきりしていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は、勝利を確信しています。が、それは実質の勝利で、形からえば、妾は金のために荘田にわれる女奴隷と、等しいものかも知れません。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)