“大惨劇”の読み方と例文
読み方割合
だいさんげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうした風景が、カフェ・ネオンにおいて表面は案外平凡にくりかえされているうちに、突如として大惨劇黒雲が、この家の上に舞いった。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そして爆発の場所から考えて、それは自爆でなく、他人の陰謀によってこの大惨劇がひきおこされたことを推理したのだ。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
なぜそれをきらったかというと、この前代未聞の衝突事件は、かならず目をおおうばかりの大惨劇を生ずるにちがいなかったので、それを博士はたいへんに心配したのだ。
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)