“大悪人”の読み方と例文
旧字:大惡人
読み方割合
だいあくにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村に一人の大悪人があって寄ってたかって打殺してしまったが、中には彼の心臓をえぐり出し、油煎りにして食べた者がある。そうすると肝が太くなるという話だ。
狂人日記 (新字新仮名) / 魯迅(著)
大悪人だと今の今まで思っていたが、落下傘をつけて放すようでは、善人である。
大空魔艦 (新字新仮名) / 海野十三(著)
大悪人
人造人間の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)