“墜下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おちくだ50.0%
ついか50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“墜下”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
我は一側かたがはに、萬物よろづのもののうち最も尊く造られし者が天より電光いなづまのごとく墜下おちくだるを見き 二五—二七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
炸破さくはした気合いといっしょに、源十郎の長剣、突風をまきおこして泰軒に墜下ついかした。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)