“地蔵顔:じぞうがお” の例文
“地蔵顔:じぞうがお”を含む作品の著者(上位)作品数
徳冨健次郎1
徳冨蘆花1
“地蔵顔:じぞうがお”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
清い、単純な、あたたかな其花を見つめて居ると、次郎さんのニコ/\した地蔵顔じぞうがお花心かしんから彼をのぞいた様であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)