“じぞうがお”の漢字の書き方と例文
語句割合
地蔵顔100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清い、単純な、あたたかな其花を見つめて居ると、次郎さんのニコ/\した地蔵顔じぞうがお花心かしんから彼をのぞいた様であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)