“喫着”の読み方と例文
読み方割合
きっちゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等の抱く如き思想は、もはや眼前の一大惨禍を喫着して、実は甚だ行詰っているのである。隧道の前には山勢まりて窮谷をなし、前に進むべき一条の路だに存せぬ。
列強環視の中心に在る日本 (新字新仮名) / 大隈重信(著)