“善業悪業”の読み方と例文
読み方割合
ぜんごうあくごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうせ悪党の生涯は、あの炎のように、派手で狂おしく風のまま、善業悪業のけじめなく、したい放題にこの世の物を慾の煙の中にって短く往生してしまうのだ。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)