“善業”の読み方と例文
読み方割合
ぜんごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当然これも源氏の恩であることを皆知っていた。この世でこんなに人を喜ばしうる源氏は前生ですばらしい善業があったのであろう。
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)