“善光”の読み方と例文
読み方割合
よしみつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の家の家柄は、長者の家などに比べましては、筋目が正しいのでございまして、あの善光寺の如来様を難波の池から拾い上げた本田善光後胤とか。それで代々家のは、如来衛門と名のります。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)