“商船群”の読み方と例文
読み方割合
しょうせんぐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
河口には、たしかに防潜網を吊っているらしい浮標が、しく浮び、河口を出ていく数隻商船群の前には、赤い旗をたてた水先案内らしい船が見えるが、これは機雷原けていくためであろう。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)