“唐桃”の読み方と例文
読み方割合
からもも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生には又自筆「唐桃集」の倭歌があるが、所謂花鳥風月歌、理窟歌、言語の綾の弄びの類多くその漢詩と風を異にしてゐる。
頼杏坪先生 (新字旧仮名) / 中村憲吉(著)