“哲郎”の読み方と例文
読み方割合
てつろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結婚の一条件たりし洋行の事は、夫婦の一日も忘れざる所なりしも、調金の道いまだ成らざるに、妾は尋常ならぬ身となり、事皆いて、貧しき内に男子を挙げ、名を哲郎とは命じぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)