“哂笑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わら50.0%
わらい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実際、もういい加減に身の程を知つてもいい頃ぢや。実を言へば、そろそろ村でも、わしのことを哂笑ひだしをつたのぢや。その言ひ草が、⦅ほいほい、老爺さんもすつかりけてしまつたよ。
わしはちやんと知つとる——諸君がこの老人を哂笑ひ出されるつてえことをな。いやもうそれは真平御免ぢや! では御機嫌よう! もう当分、或はもうこれつきり永久に、お目にはかかりますまい。
「それ神はき人を棄て給わず……(汝もし神に帰らば)哂笑をもて汝の口をたし歓喜を汝の唇に置き給わん」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)