“命松丸”の読み方と例文
読み方割合
めいしょうまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「すると、吉田山の兼好さんのお弟子じゃないか。命松丸とかいったように覚えているが」
佐女牛の邸である。彼の思いだしていたものは、命松丸の姿だったにちがいない。
自分でもまた、後悔はしていたが、寝小便たれの命松丸も、ここへ来ては、気性もすっかり快活になって来たし、また小僕として調法でもあったから、兼好の悔いは、われて余りがあった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)