“千松丸”の読み方と例文
読み方割合
せんまつまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、阿波守重喜だけは、当面の人物だけに、すぐ家督を子の千松丸にゆずり、親族秋元摂津守へ預けの身となった。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)