“右兵衛介:うひょうえのすけ” の例文
“右兵衛介:うひょうえのすけ”を含む作品の著者(上位)作品数
林不忘1
“右兵衛介:うひょうえのすけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし、これが当時評判の大事件だったことは疑いなく、奉行のうちに加わって橋詰から目睹もくとしていた岩沢右兵衛介うひょうえのすけというひとの言に、わが近くに高山豊後守ぶんごのかみなる老士ありしが
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)