“右下:地 本ノ書体” の例文
“右下:地 本ノ書体”を含む作品の著者(上位)作品数
坂本竜馬1
“右下:地 本ノ書体”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
右下地 本ノ書体直右衛門と云もの右町役人也、部当ベツトヲト云旅人人馬断所々の世話ヲナスものなり、後日野間原泉口番所ニ至リテ直右衛門ニ書テ与ヘバ、必ズ急ギ罷出ル筈ナリ。
坂本竜馬手帳摘要 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)