“古代蝶鳥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こだいちょうとり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“古代蝶鳥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それが眉の濃い、血色あざやかな丸顔で、その晩は古代蝶鳥こだいちょうとりの模様か何かに繻珍しゅちんの帯をしめたのが、当時のことばを使って形容すれば、いかにも高等な感じを与えていました。
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)