“北極光”の読み方と例文
読み方割合
オーロラ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから北極光の研究もやっている。太陽からいろいろな粒子が飛んできて、イオン層の上のところで、北極光を生ずる。
アラスカ通信 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
魚というものは本当にばかなもんだ、ふざけてさえ居れば大丈夫こわくないと思ってるんだ。白熊はなかなか賢いよ。それからその次に面白いのは北極光だよ。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
北極光が冷たく頭上に輝き、或いは星くずが霜夜のダンスでとびはね、大地が雪の棺衣の下で凍てつきしびれている時、このエスキモー犬の歌は生への挑戦でもあつたろう、ただそれは単調を帯び