“別駕”の読み方と例文
読み方割合
べつが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうちに任期が満ちて、彼は山東別駕に移されたので、家族を連れて新任地へ赴く途中、荏平という所の旅館に行き着いた。
「お恥かしい微賤です、劉璋の家中において、別駕の職についております。失礼ながら其許は?」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「青州の別駕を務め、故袁紹の大恩をうけた者です」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)