“切替畑”の読み方と例文
読み方割合
きりかえばた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
焼畑切替畑はこの外かとは思うが、それにしても米の公称産額はこの通り多く、それだけでも稲の神の恩恵の異常に豊かな土地であったことが察せられる。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
次いで権兵衛なるものが来て切替畑を作るようになると、権兵衛切、権爺作り、権ヶなどの名が起ろう。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)