“円山重阿弥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるやまじゅうあみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円山重阿弥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
で、内蔵助もついに意を決して、七月二十八日、京、伏見、山科、大阪、赤穂などに散在する同志と円山重阿弥まるやまじゅうあみ別墅べっしょに会合した上、いよいよ仇討決行のむねを宣言した。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
PR