“円孔”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるあな100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円孔”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
つまり、格子戸の桝目に映った火焔太鼓の楕円形が、玉幡の円孔まるあなの現滅につれて、或は孔雀の輪羽のように見えたり、また円孔が現われない時には、その二つ三つだけが残ったりして、結局推摩居士に、そう云う錯視を起させたに違いないのだよ
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)