“入会地”の読み方と例文
旧字:入會地
読み方割合
いりあいち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こういう混淆が個々の方言領の境目に発生することは、単語の運命ともいうべきものであるが、自分の知るにおいてはそういう入会地は数多くあって
村の入会地にもなっておらず、山男の秘密の通路だなぞとも云われておるようなところです
ここは入会地ではなくて、所有者がハッキリしていて山番も居り、ひそかにこのヒノキをきりだして徳川時代に死刑になった例があるから、大工や普請好きの面々にスイゼンの良材の宝庫であるが