“依田百川”の読み方と例文
読み方割合
よだひゃくせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美妙は実に純文学を代表して耆宿依田百川と共に最始の少数集団にっていたので、白面の書生が白髯の翁と並び推された当時の美妙の人気を知るべきである。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
随て他の感情を動かすに軽重ある又宜ならずや、方今漢文をするを以て世に尊まるゝ者極めて多く、中に就て菊池依田百川君の二氏尤も記事文に巧みに、三翁は日本虞初新誌の著あり
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
依田百川などの諸君に、それを見せることが出来たのである。
明治十年前後 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)