“仕入物”の読み方と例文
読み方割合
しいれもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その詩とか五とかいうのを高慢な友達とやり取りして喜んだという変り者だ。遺言だって並大抵の仕入物じゃ気に入らねえ」
椿岳は着物ばかりでなく、そこらで売ってる仕入物が何でも嫌いで皆手細工であった。紙入や銭入も決して袋物屋の出来合を使わないで、手近にあり合せた袋で間に合わしていた。
「その詩とか五とか言ふのを高慢な友達とやり取りして喜んだといふ變り者だ。遺言だつて並大抵の仕入物ぢや氣に入らねえ」