“今泉但馬守”の読み方と例文
読み方割合
いまいずみたじまのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例えば下野上三川城趾の濠の魚は、一残らず目が一つでありますが、これは慶長二年の五月にこの城が攻め落された時、城主今泉但馬守の美しい姫が、懐剣で目を突いて外堀に身を投げて死んだ。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)